三協建設株式会社

モデルハウス

modelhouse

いい土地に建てた家がいい家。
あたりまえのことだと思っていませんか?

このモデルハウスを建てるにあたり、日当たりなどの環境条件が良い土地ではなく、「旗竿地」という一般的には悪条件な土地を選びました。

「旗竿地」とは道路に接している出入口部分が細い通路状の土地になっていて、その奥に家の敷地がある形状の土地であり、使いにくい土地と考えられています。周りを住宅で囲まれているため、一般的にイメージされる間取りだと、開放感や明るさ、プライバシーの確保が難しいとされています。

モデルハウスは工務店が建てる家の顔です。ではなぜ日当たりがよく環境のいい土地ではなく、あえて「旗竿地」に建てたのか。
三協建設には、いかなる土地であっても土地に合ったいい家を建てることができる設計力があるからです。

玄関を開け、見えてくるのは心地よくデザインされた空間

敷地は旗竿の分譲地。南にも東にも二階建て住宅があり、太陽光を取り込みにくい敷地でした。そこで、敷地南東に奥行きのあるデッキテラスを、その北西にLDKを配置しました。さらに、2階を北側に配置することでリビングの吹き抜けの南の窓から差し込む光を取り込みます。そうすることで家全体が明るくなり、昼間は照明をつけなくても十分生活することができるのです。外に窓を設けないことにより外からの視線を防ぎ、大きな窓を使ったデッキテラスと吹き抜けにより開放感を出す。
こうすることにより、外観からは想像できない室内の自然な明るさや開放感を実現しています。

  • 外観はエッジを効かせた直線的なデザイン。ルーバーは適度な光と風を通してくれます。また、窓がないため外からの視線を防ぎ、プライバシーを保つことができます。

  • 直線的なデザインの外観に対し、内観はアールの天井やアールの垂れ壁など曲線を生かしたデザインとしています。

  • 子ども部屋として使用する以外の期間が長いので、子ども部屋は将来間仕切りできるようにし、フレキシブルに使用できるようにしました。

  • 光を取り込むために重要なデッキテラス。ルーバーによって強風を防ぎつつ、柔らかな風と南からの光によりデッキテラスでは安心して洗濯物を干すことができます。

  • 吹き抜け部分のアール天井は、吹き抜け南の窓から入る光を柔らかくリビングにおとす効果があります

  • 水回りを集約。キッチンからも行き来できるよう配置することで家事動線を大きく短縮できるようにしています。

生きた設計

形だけではない、すべてに意味がある。
従来の住宅に比べ、シンプルな外観も、廊下のない間取りも、
ただシンプルにつくったというわけではありません。
日が差し込む角度、風がよく吹く方角、周りの住環境など、
その土地の形や気候に合わせて設計しています。

GALLERY

INFOMAITION

住所 〒491-0862 愛知県一宮市緑2丁目8-18
モデルハウス区画地図

※開発地の為、カーナビでお越しの際に住所検索ができない可能性があります。
「一宮市緑2丁目8」にて検索ください。

GoogleMap で開く

さあ、あとはふれるだけ

モデルハウス見学予約フォーム

完全予約制

※各回1組の完全予約制となっており、予約状況等によりご希望に沿えない場合がございますのであらかじめご了承ください。
お申込み受付後、翌営業日までに担当者よりご連絡をさせていただきます。

コロナウイルス感染対策として

  • ・ご見学の際は、各回1組のみの完全予約制にてご案内いたします。
  • ・対応スタッフは、マスクを着用させていただきます。
  • ・体調不良や風邪などの症状がある方のご参加はお控え願います。
  • ・マスクを着用してのご来場をお願いいたします。
  • ・除菌スプレーを準備しておりますので、手指の消毒をしてからご入室をお願いいたします。
    何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

見学ご希望の日程必須
ご参加人数(大人)必須
ご参加人数(子ども)必須
お名前必須
ふりがな必須
メールアドレス必須
電話番号必須
SIMPLE NOTE 熱田スタジオ/一宮スタジオを
どこでお知りになりましたか?(複数回答可)
GoogleやYahooなどの検索サイトInstagram や Facebook などのSNS雑誌、広告、チラシなど友人、知人からの紹介その他
備考
(ご連絡やご相談等があればご記入ください)

keyboard_arrow_right

keyboard_arrow_left

keyboard_arrow_right